2021年春、オンラインで「スマートエイジ文化祭」を開催 人生100年時代 才能が彩る時を応援

当社は12月22日、来年(2021年)の4月に「歳は彩り、そして才能」プロジェクトの中心ミッションのひとつとして「スマートエイジ文化祭」をオンラインで開催すると発表しました。(PR TIMESを通じて約300媒体にプレスリリース)

60歳以上のスマートエイジ世代が写真、絵画、工芸などを1点500円でオンライン出展。出展料は全額、文化芸術活動に寄付する企画です。

今回、オンラインによる「スマートエイジ文化祭」は、コロナ禍によりイベント等が激減し、出展の機会が減っているスマートエイジ世代の文化芸術作品を多くの人に知ってもらうための機会とすることが直接的な目的ですが、さらにその際に出展費(1点500円を予定)を負担していただき、その全額をコロナ禍で疲弊したプロの芸術文化活動に寄付※することでアマ&プロをダブルで支援しようという意欲的なもの。

将来(2022年以降)は、オンラインだけでなく、リアル展示もミックスしたハイブリッド形式の「文化祭」に発展させていく考えです。

具体的なスケジュール
2021年2月  出展詳細の発表と応募受付開始
2021年3月  出展にともなう各作品ページの制作
2021年4月  スマートエイジ文化祭(オンライン)スタート

また、現在、スマートエイジに関連する企業からの協賛を募集しています。スマートエイジ文化祭のサイト上に広告が掲載されるだけでなく、様々なプロモーション活動のソースになります。

※当社のいうスマートとは、日本で一般的な「細身」という意味ではなく、英語本来の「賢い」「お洒落」「きびきびとした」意味に基づいています。
※具体的な寄付先は、独立行政法人日本芸術文化振興会の「文化芸術復興創造基金」を予定しています。

この件に関するお問い合わせは info@smart-age.co.jp へ

プレスリリースは下記からダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です